クレジットカードの在籍確認がないケース

バナー

クレジットカードの在籍確認がないケース

クレジットカードを申込むと普通は在籍確認が行われますが、これが省略される場合もあります。
どんな場合に省略されることがあるのでしょうか。
それは、信用情報機関への照会結果が関係しています。
一度クレジットカードを申込むと、個人の情報が信用情報機関に登録される仕組みになっています。そして、その後別のカード会社のクレジットカードに申込んだときには、信用情報機関に問い合わせが行われ、個人情報が照会されることになります。



ここに登録されている情報の中に、実は勤務先情報というものも含まれているのです。


ですから、過去に申込んだ時点と同じ勤務先である場合は、そのまま継続して同じ会社に勤務しているのだなと判断されて、在籍確認が省略されることもあるのです。



カード会社の担当者も忙しいですから、特に問題がないのであれば余計な業務をしたくないと考えるのはどこの世界でも同じです。


しかし、これは以前の申込み時と同じ勤務先を書いておけば在籍確認は一切ないというように解釈してはいけません。

当たり前のことですが、世の中には転職する人もいれば失業する人もいます。


以前の勤務先と同じでよいとなれば誰もがそうしてしまうことになり、カード会社にとっては困ったことになってしまいます。



ですから、申込書に書かれた情報、信用情報機関に照会した情報から、これは何か怪しいかもと思われれば、その時点で在籍確認が行われることもあります。

例えば住所が変わっている、勤続年数の計算が合わないなどといったケースです。

Copyright (C) 2016 クレジットカードの在籍確認がないケース All Rights Reserved.