クレジットカードでリボ払いを利用する

バナー

クレジットカードでリボ払いを利用する

クレジットカードを利用する時にリボ払いという言葉を聞くことがよくあります。

リボ払いとは支払い残高があり、それに応じて毎月支払う金額が決まっているという方法です。
元本と手数料の合計は毎月同じなので、計画的にクレジットカードを使いたい人にとっては優れたものです。


自分で支払い金額を決めることができるのでニーズが高いです。

しかし毎月の支払い金額が変わらないことが原因で、たくさん使っていることに気づかない恐れがあります。

リボ払いでは高額商品を購入しても、一気に請求は来るわけではありません。



全てを支払うまでの期間が長くなるだけです。支払いっている途中に新しい買い物をすれば、支払い残高が増えるのでさらに支払い完了までが長くなります。



最終的にはクレジットカードの上限に達してしまい、新しいカードで再び買い物をすることで、支払うお金を用意できなくなります。



毎月の支払い金額が少ないほど月々の経済的な負担は減りますが、支払い期間が長くなるので知らないうちに使いすぎてしまう可能性が高くなります。

このような状態を受けてクレジットカード会社ではリボ払いのリスクを多くの利用者に知ってもらうため、ホームページやパンフレットに支払い方法の仕組みを丁寧に説明しています。
利用者は仕組みをよく理解した上で、計画的に利用さえすればトラブルになることはありません。
リボ払いに限らずクレジットカードを利用するならば、計画性を持つことが大切です。

Copyright (C) 2016 クレジットカードでリボ払いを利用する All Rights Reserved.