クレジットカードの仕組み

バナー

クレジットカードの仕組み

現代の日常生活では欠かせない存在になってきたクレジットカード。

なんとなく使っていますが、その仕組を詳しく理解している人は少ないようです。

今回はクレジットカードの支払いの流れや仕組みについてご紹介します。
消費者がクレジットカードを加盟店で利用すると、加盟店がカード会社に支払いの請求をします。

利用した金額の請求形態はカード会社によって異なりますが、多くの会社は1カ月ごとにまとめて消費者に向けて請求書を発行します。

加盟店に対しての支払いは、カード会社が責任をもって消費者に変わり支払います。



支払いのタイミングがカード会社によって変わりますが、消費者への請求の前に支払っているところが多いようです。
ここで疑問に感じるのが、カード会社の利益です。

分割払いなら消費者に金利が発生しますが、一括払いなどは無金利での請求がほとんどです。
カード会社に支払っている年会費と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、最近では年会費無料のカードが増えてきています。

では何故、カード会社の経営が成り立っているのでしょう。

その秘密は加盟店にあります。

カードを利用した加盟店がカード会社に手数料を払うことで、現在のクレジットカードの仕組みが成り立っているのです。



加盟店が損をしているのではと思われるかもしれませんが、それ相応のメリットがあるため加盟店もカード会社と契約しているので問題ありません。



消費者が金利なしでお得にクレジットカードを利用できるのには、このような秘密があるのです。

Copyright (C) 2016 クレジットカードの仕組み All Rights Reserved.