クレジットカードの審査

バナー

クレジットカードの審査

クレジットカードは誰でも作れるわけではありません。

クレジットという単語を辞書で引いて見ると分かるとおり、信用を表わすカードなのです。その人がどれだけ信用できそうか、クレジットカードで立て替えたお金をきっちりと支払ってくれそうな信用のおけそうな人かどうかというのは、その人をいろいろな側面からみて審査しないことには分かりません。クレジットカードの具体的な審査項目にはいろいろありますが、今ではそれらをいちいち人がチェックしていては時間もかかり過ぎますから、コンピューターによるスコアリングが行われていることがほとんどです。



つまり、項目ごとに点数化され、一定以上の合計点数があれば審査パス、そうでなければ審査落ちとなるわけです。

項目ごとの点数とか、合格ラインが何点かというのはブラックボックスですが、だいたいのところはわかっています。



まずは勤務形態です。


正社員であれば問題なしですが、自営業や自由業、アルバイトやパートは低くなります。

年収は確かに重要ですが、実は勤続年数も重要な要素です。

20代の新入社員であればあまり重視はされないかもしれませんが、30代40代となって勤続1年未満となると、すぐに仕事を辞めてしまうのではないかと思われてしまいます。

年齢についてはさほど大きなポイントではありませんが、これも30代40代となってこれまで1枚もカードを作ったことがないとなるとポイントは低くなってしまいます。



Copyright (C) 2016 クレジットカードの審査 All Rights Reserved.